各種マネジメントシステムの適正な普及、推進を目指して

情報公開

マネジメントシステム判定委員会

マネジメントシステム判定委員会では、審査員が実施した審査結果及び関連資料に基づき、その業務遂行方法、審査チームの見解書内容等が適正で公平なものであるかを審議し、審査登録の適否を最終的に決定します。
判定委員会の決定は、原則として審査登録センターの何人も変更することはできず、このことにより審査登録の公平性、透明性を確保します。
判定委員会の委員は、大学名誉教授、大学教授、企業、中小企業診断士、元企業役員、ISC職員で構成しています。