食品分析(残留農薬分析等)

近年、輸入食物中の残留農薬や無登録農薬の使用などが社会問題事例として多くあげられ、食品の安全に対する消費者の関心はますます高まってきています。そのような社会情勢のなか、厚生労働省は平成18年5月に農薬等のポジティブリスト制を施行し、約800種類の農薬や動物医薬品などの基準値が設定することで、食品中の残留農薬の規制を強化しました。

当事業団では、このポジティブリスト制に対応するとともに、最先端の分析技術及び装置を駆使し、公益法人としての業務で得られた幅広い知識・経験を生かした社会ニーズに対応したサービスをご提案させて頂きます。なお、異物検査や放射性物質測定、水道水中の残留農薬分析については、下記HPをご覧下さい。

>>>異物検査のHP   >>>水道水中の農薬類分析のHP   >>>放射性物質測定のHP

1.食品中の残留農薬

食品中(農作物・加工食品等)に含まれる残留農薬等の分析方法は、多様なニーズに対応できるように、多成分一斉分析法及び個別法の2通りを用意しております。

(1)多成分一斉分析・カビ毒(総アフラトキシン)分析のご案内

当事業団では、「ポジティブリスト制度」対策に対応するため、最新のLC/MS/MS装置及びGC/MS/MS装置を使用した、信頼性の高く、安価で迅速な残留農薬一斉分析法を開発しています。お客様のニーズに応じて各種の多成分一斉分析をご提案させて頂きます。 →申し込み方法はこちら →オンライン見積はこちら

検査メニュー及び料金表
120成分一斉分析(PDF) 1検体20,000(税別)
 →コストを重視しました。作物全般にご利用下さい。使用頻度の高い農薬を選定しました。
200成分一斉分析(PDF) 1検体35,000(税別)
 →食品・作物全般などご利用下さい。有機塩素系農薬や過検出事例や使用頻度の高い農薬を選定しました。 
300成分一斉分析(PDF) 1検体50,000(税別)
 →輸入食品・作物全般・飼料など。
 ☆総アフラトキシン(B1,B2,G1及びG2の総和) 1検体16,000(税別) 

→輸入食品・作物全般・飼料などに対応。定量下限値は、1μg/kg(ppb)です。 >>>こちらも参照

☆ネオニコチノイド系農薬(10成分:蜂蜜分析用) 1検体20,000(税別)

→アセタミプリド・ジノテフラン・イミダクロプリド・クロチアニジン・ニテンピラム及び代謝物(CPMF、CPF)・チアクロプリド及び代謝物(チアクロプリドアミド)・チアメトキサムの10成分です。蜂蜜の分析にご利用ください。   >>>こちらも参照

☆水道水中の農薬類分析はこちらのHPを参照にし下さい。
 備考:穀物類・お茶類等は、上記金額に10,000を追加させて頂きます。
           (総アフラトキシンとネオニコチノイド系農薬は除きます)。
 →申し込み方法はこちら →オンライン見積はこちら
LC/MS/MS装置 GCMSMS_000.JPG
LC/MS/MS装置 GC/MS/MS装置

(2)個別分析法

ご指定の単成分分析、一斉分析が不可能な項目及び確定が必要な場合などについては、個別分析で対応させて頂きます。農薬成分の種類によって、分析料金・納期などが異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

(3) 食品中残留農薬分析をご依頼方法及びご依頼の際の注意事項

  1. 送付検体は、全体を代表できるようにランダムにサンプリングして下さい。
  2. 依頼書をご記入下さい。なお、依頼書はこちらです(→PDF形式・→Excel形式
  3. 試料送付前に、依頼書をFAX(又はお電話)送信して下さい。FAX番号059-245-7516 
  4. 1.で採取した検査試料について、検査依頼書を同梱して、下記住所宛に試料を送付して下さい。また、直接当事業団にお持ち頂いても結構です。
    <<試料送付先>>

    〒510-0304  三重県津市河芸町上野3258番地  
    一般財団法人 三重県環境保全事業団 調査部環境分析課 あて  
    電話:059-245-7508

  5. 試料到着後、直ちに分析を開始します。また、試料到着後に、請求書を発行し、郵送させて頂きます(初回のお客様に限り、料金を前払いとさせて頂きます)。 
  6. 分析終了後、検査成績書を発行し、郵送させて頂きます。

 

注意事項:

  • 宅配便等で弊社までお送り下さい。
  • 試料が複数ある場合(例えば、りんごとりんごとなる場合など)は、各々の検体依頼書を作成し、別々に同封するなどして明確に識別して送り下さい。
  • ご依頼いただいた検体は、原則破棄させてきます(返却希望の場合は、その旨をお伝え下さい)。

2.食品中の金属分析

食品中(農作物・加工食品等)に含まれるカドミウム、クロム、ひ素、鉛などの有害金属や、有用とされる、カルシウム、亜鉛、鉄などの金属の定量・定性分析業務を行います。

 

3.加工食品等の品質管理分析

当事業団では、GC、GC/MS、HPLC、LC/MS/MS、LC/MS、IC、ICP、ICP-MS等の装置が装備されており、様々な成分の定量分 析の対応が可能です。それらの装置を駆使した食品(農作物・加工食品等)の品質管理分析について、ご提案させて頂きます。

 

高速液化クロマトグラフ質量分析装置

ご相談は下記連絡先までお願いします。

連絡先:(一財)三重県環境保全事業団 第一分析課・第二分析課
電話:059-245-7508  FAX:059-245-7516