環境DNA分析を用いた生物モニタリング

自然環境における水棲生物を対象とした調査は、直接捕獲や観察によって行われています。また、生物調査には、高度な専門知識と経験が必要です。このため、専門家以外では生物調査を行うことは大変難しく、多大な労力と時間が必要になります。

一方、水中などの環境中には、そこに生息している生物由来のDNAが存在しています。そのDNAを総称して、環境DNAと呼ばれています。近年、その環境DNAを採取し解析することで、生物の生息状況につながる情報を得ることが可能になり注目を集めています。

また、環境DNA分析は、環境試料(環境水など)を採取するだけで測定可能であり、調査対象となる貴重な生物を傷つけずに調査することができ、調査自体による生態系への悪影響を最小限に抑えられる利点もあります。

DNA01.JPG DNA02.JPG

従来の方法

•時間や人員など多大な調査労力が必要

•調査者の技術力が結果に影響する

•形態学的な情報等で同定を行うため専門家でなければ調査が難しい

などの欠点があります。

環境DNA

•現地での調査は採水のみ

•誰が水を汲んでも結果に影響しにくい

•塩基配列で種を決定するため専門的な知識が不要

などの利点があります。

 

主な受託業務

〇種特異的環境DNA分析業務(リアルタイムPCR)

リアルタイムPCRによって高い精度を担保し、特定生物の生息状況の手がかりとなる情報を提供します。

〇調査対応可能な生物種:
・オオサンショウウオ ・チュウゴクオオサンショウウオ
・カワバタモロコ ・ヒメタイコウチ ・ ニホンウナギ
・オオクチバス ・コクチバス ・ブルーギル
・ミナミメダカ  ・キタノメダカ 
   
※上記以外も調査可能です。お気軽にご相談下さい。

〇測定料金 :25,000円/1検体~(税込み:27,500円~)

※ご依頼数に対応した値引きは可能です。

(オプション)

      測定対象種の追加 10,000円(税込み:11,000円)/1種

      半定量(DNAコピー数の算出)5,000円(税込み:5,500円)/1種

       確認試験等の追加 その都度、ご相談させて頂きます。

       プライマーの設計、調査等 お問合せ下さい

※ご依頼の場合は、調査対象生物種の種類と調査地点数をお知らせください。

業務の流れ

DNA05.JPG

※ご依頼頂きましたら、調査地点数分の試料容器、採取カップを地点数分お送りさせて頂きます。

リアルタイムPCR測定画面

Amplification_Plot.jpg

 

 

〇網羅的解析業務( 次世代シーケンサー)

特定の生物種に限定することなく、調査地における特定の生物相(主に魚類)の生息状況の手がかりとなる情報を次世代シーケンサーを用いて提供します。

〇測定料金 :お問合せ下さい。

※検体数で料金が異なります。
 
業務の流れ

次世代シーケンサーによる分析

※ご依頼頂きましたら、調査地点数分の試料容器、採取カップを地点数分お送りさせて頂きます。

 

ご依頼方法

 - 検査依頼方法 -

1. 依頼書をご記入下さい。なお、依頼書はこちらです。 ⇒PDF     ⇒Excel

 〇オンラインも可能です
 

2. 試料送付前に、依頼書をFAX(又はお電話)送信して下さい。FAX番号059-245-7516 

 
3. 1.で記入した検査依頼書を同梱して、下記住所宛に試料を送付して下さい。水試料の場合は、こちらから専用の採取容器をお送りします。なお、試料については、直接当事業団にお持ち頂いても結構です。

<<試料送付先>>

〒510-0304  三重県津市河芸町上野3258番地  

一般財団法人 三重県環境保全事業団 科学分析部第二分析課 あて  

電話:059-245-7508  FAX:059-245-7516

 

注意事項

試料到着後、直ちに分析を開始します。また、試料到着後に、請求書を発行し、郵送させて頂きます(初回のお客様に限り、原則、料金を前払いとさせて頂きます)。 

 

お問い合わせはこちらへ

(一財)三重県環境保全事業団 科学分析部

電話番号:059-245-7508   →オンライン発注(見積請求)