事業団トップ > 科学分析 > 業務内容 > 3:製品・材料部門 > PFOS及びPFOA調査・分析のご案内

PFAS及び関連物質分析のご案内 パンフレット

製品・環境中のPFOS・PFOA分析(PFAS)  依頼方法オンライン発注(見積請求)

 PFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)やPFOA(パーフルオロオクタン酸)は、フッ素を含んだ人工有機フッ素化合物(PFAS)で、フッ素系の撥水剤、防水剤、グリースなどに使用されている物質ですが、人体に蓄積する性質が指摘されています。

 このため、EUでは、PFOSに関して、2008年6月27日以降、指定含有量(素材:0.005%(50ppm)、半完品/アーティクル:0.1%、表面処理剤:1μg/m2)を超える製品のEU地域内への生産、輸入、使用が禁止されています。

 また、2017年6月14日、REACH規制の制限対象物質リスト(付属書 XVII)が改正され、PFOAとその塩およびPFOA関連物質が追加されました。これにより、2020 年7 月4 日以降、化合物として、PFOA の製造と上市を禁止するとともに、PFOA が25ppbを超えて含有する、またはPFOA 関連物質が合計1000ppbを超える含有する混合物や成形品の製造時使用と上市が原則禁止されます。

 一方、日本でも、平成22 年(2010 年)4月1日に、PFOS又はその塩を化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(以下「化学物質審査規制法」という。)の第一種特定化学物質に指定し、製造及び輸入の許可制、使用の制限等の措置を講じていいます。

2020年4月1日より、水道水において、要検討項目から水質管理目標設定項目へ位置づけが変更されました(令和2年3月30日付け生食発0330第1号)、その目標値を、これら2物質の量の和として0.00005mg/L(暫定:50ng/L)とされました。

 当事業団では、世界的に規制されている有機フッ素系化合物(PFAS)に対して豊富な分析実績を誇っており、最高な品質を業界最安値レベルでお客様にご提供いたします。

【PFOA、PFOS、PFHxA、PFHxS等(PFAS)の分析料金表】

試料媒体 定量下限値  検査料金(税別)
基本料金:1成分 2成分測定 その他1成分追加料金
製品   0.5ppm 25,000円 35,000円

 10,000円 


※PFCA:C15、C17、C19、C20 

追加の場合は、20,000円/1項目です


1ppb 35,000円 45,000円
5ppb 30,000円 40,000円
0.1μg/m2 40,000円   50,000円 
消火剤 0.5ppm 30,000円   40,000円 
水道水  0.1ng/L
1ng/L
5ng/L
環境水 0.1ng/L* 35,000円 45,000円
排水・環境水 1ng/L 30,000円 40,000円
土壌・底質 0.5µg/kg 40,000円 50,000円
廃棄物(固形) 0.5µg/kg 40,000円 50,000円
排ガス  お問合せ下さい
※1 上記料金は、1検体あたりの検査料金です
※2 製品検査に必要な試料量は10g程度です(水道水・環境水は1L、排水は200mL)
※3 分析方法(LC/MS/MS法)
製 品:CEN/TS 15968準拠
水 道:H15.10.10健水発第1010001号・厚生労働省健康局水道課通知準拠
環境水:R2.28.環水大水発第2005281号・大気環境局長通知付表1準拠 
排 水: JIS. K 0450-70-10:2011準拠
廃棄物・排ガス・底質・土壌: 
          H23.3.環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部PFOS含有
          廃棄物の処理に関する技術的留意事項準拠
その他:溶媒抽出-LC/MS/MS法
※4 測定可能な炭素数が異なるPFOA及びPFOS関連: 
   PFCA:C4~C25、PFHxSなどC4~C9
  ただし、PFCA: C15はC14の換算値、 C17はC16の換算値、C19~C25はC18の換算値です
※5   PFOA関連物質はこちら>>
※6 製品及び排水の検査は、直鎖体のみの定量値になります
☞製品検査で直鎖及び側鎖体の定量の場合は、別途料金が必要です:5,000円/1項目
※7 お客様独自の試験方法(抽出方法など)にも対応させて頂きます
※8 上記物質以外で、お客様ご希望の有機フッ素化合物の検査も検討させて頂きます
※9 報告書は、検査成績書(計量証明書)、フロー図、検量線、測定チャート等です
※10 試料由来の夾雑物の影響で、上記記載の定量下限値を確保できない場合もあります
※11   環境水中のPFOAを含むPFCA(ペルフルオロアルカンカルボン酸 )の定量下限は0.2ng/Lです
※12 水道水は、定量下限値を0.1ng/L、1ng/L、5ng/Lの3種類からお選び下さい

PFCs3.PNG

LC/MS/MS測定によるクロマト(PFCs 標準物質)

20220902_01.JPG

LC/MS/MS測定によるクロマト(PFCA:C4~C23) 

>>>お問合せ・ご依頼はこちら

PFOA関連物質(フッ素テロマー化合物など)や代替物質等の分析

 PFOA関連物質とは、PFOAに分解するあらゆる物質であって、部分構造の一つとして直鎖又は分岐鎖のペルフルオロアルキル基(C7F15)Cをもつ全ての物質(塩及びポリマーを含む)を含むと定義されています(POPRC第12回会合で合意されたPFOA関連物質の定義より)。例えば、以下の物質が相当します。

(i) フッ素化したC8~C16の側鎖をもつポリマー

(ii) 8:2フルオロテロマー化合物

(iii)10:2フルオロテロマー化合物

 弊団では、お客様のリスク管理に対応するため、製品に含まれるフッ素テロマー化合物などのPFOA関連物質の分析業務をご提案させて頂きます。

 また、製品以外にも、排水・工程水の分析も対応可能です。

【PFOA関連物質及び代替物質の分析料金表】

試料
媒体
項目
分析方法
定量下限値
検査料金(税別)
 基本料金 
1項目追加
製品 フルオロテロマー化合物※1   溶媒抽出-GC/MS/MS 1ppm
30,000円
20,000円
0.1ppm
40,000円
20,000円
20,000円
   ペルフルオロアルキル基を有する化合物※2
 
HS-GC/MS
 
1ppm
30,000円
20,000円
0.1ppm
40,000円
20,000円
代替物質※3 LC/MS/MS法 0.1ppm
40,000円
20,000円
※1 測定可能なフルオロテロマー化合物
6:2FTOHCAS:647-42-7】、8:2FTOHCAS:678-39-7】、 
10:2FTOHCAS:865-86-1】、  CF3(CF2)5CH2CH2I6:2FTI;CAS: 2043-57-4】  
CF3(CF2)7CH2CH2I8:2FTI;CAS:2043-53-0】、 
CF3(CF2)5CH2CH2OCOCH=CH26:2FTAC;CAS17527-29-6】、
CF3(CF2)7CH2CH2OCOCH=CH28:2FTAC;CAS:27905-45-9】、
CF3(CF2)5CH2CH2OCOC(CH3)=CH26:2FTMAC;CAS: 2144-53-8】、
CF3(CF2)7CH2CH2OCOC(CH3)=CH28:2FTMAC;CAS:1996-88-9
CF3(CF2)7HCAS:335-65-9】、 CF3(CF2)5HCF3(CF2)9H
CF3(CF2)7CH=CH2CAS:21652-58-4】、 
CF3(CF2)7CH2CH3CAS:77117-48-7】、 
CF3(CF2)7ICAS:507-63-1】、CF3(CF2)9I 
※3 測定可能な物質

ペルフルオロ(2-メチル-3-オキサヘキサン) 【Cas.13252-13-6:GenXと同じ測定種】

ペルフルオロ-2,5-ジメチル-3,6-ジオキサノナン酸【Cas.13252-14-7】

※4 試料由来の夾雑物の影響で、上記記載の定量下限値を確保できない場合もあります。

 

20220902_02.JPG

GC/MS測定によるクロマト(フルオロテロマー化合物

20220902_03.JPG

GC/MS測定によるクロマト( ペルフルオロアルキル基を有する化合物  

Genx.JPG

LC/MS測定によるクロマト

ご依頼方法

 - 検査依頼方法 -

1. 依頼書をご記入下さい。なお、依頼書はこちらです。 

PFOA、PFOS、PFHxA、PFHxS(PFAS)などの分析依頼書:

⇒PDF(3試料まで)        ⇒PDF(3試料以上を依頼の場合)    

⇒Excel3試料まで     ⇒Excel3試料以上を依頼の場合

PFOA関連物質(フッ素テロマー化合物等):

⇒PDF(PFOA関連物質     ⇒Excel(PFOA関連物質

 オンライン発注(見積依頼)はこちらへ

2. 試料送付前に、依頼書をFAX(又はお電話)送信して下さい。FAX番号059-245-7516 

 
3. 1.で記入した検査依頼書を同梱して、下記住所宛に試料を送付して下さい。水試料の場合は、こちらから専用の採取容器をお送りします。なお、試料については、直接当事業団にお持ち頂いても結構です。

<<試料送付先>>

〒510-0304  三重県津市河芸町上野3258番地  

一般財団法人 三重県環境保全事業団 科学分析部 第二分析課 あて 

電話:059-245-7508  FAX:059-245-7516

 

注意事項

試料到着後、直ちに分析を開始します。また、試料到着後に、請求書を発行し、郵送させて頂きます(初回のお客様に限り、料金を前払いとさせて頂きます)。 

 

お問い合わせはこちらへ

第二分析課 電話番号:059-245-7508   →オンライン発注(見積請求)

試料

媒体

化合物

分析法

定量下限

料金(税別)

基本料金

(1成分)

その他1項目

追加料金

製品

フルオロテロマー化合物※1 

溶媒抽出

GC/MS

1ppm

30,000

20,000円追加

0.5ppm

40,000

20,000円追加

ペルフルオロアルキル基

を有する化合物※2 

HS-GC/MS

1ppm

30,000

20,000円追加

0.1ppm

40,000

20,000円追加